閉じる
  1. 高齢者でも活躍できる資格
  2. 資格の取り消し
  3. 福祉系資格
  4. 免許と国家資格の違い
  5. 前科のある人でも取れる国家資格
  6. 高卒でとれる国家資格
閉じる
閉じる
  1. 前科のある人でも取れる国家資格
  2. 試験の問題を作る人
  3. 資格の取り消し
  4. 免許と国家資格の違い
  5. 高齢者でも活躍できる資格
  6. 受験資格
  7. 資格手当
  8. 高卒でとれる国家資格
  9. 外国語を必要とする資格
  10. 教育系資格
閉じる

国家資格の種類と取得に必要なこと

福祉系資格

免許と国家資格

カテゴリー別
国家資格を見ていきます。
1番目に、福祉系の国家資格です。

介護に関わる資格として介護福祉士
児童に関わる資格として保育士、相談業務
ので社会福祉士や精神保健福祉士などが
あります。

学校を卒業して国家資格を得る場合
実務経験から国家資格を取得する場合とが
あり、資格保有者はとても多いです。

男女比で見ると女性がとても多いです。
コミュニケーション能力を求められるのも
一つの要因ではないでしょうか。

給与待遇を見ると、他の業種より
低い傾向にあります。昔から女性の仕事
と考えられていたことと、国による支援
滞っているのが要因と考えられます。

人と関わる仕事であるため、経験知識の量
国家資格の質を左右すると言えます。勉強では
最低限のことしか学ばないため、現場で学ぶ
ことがとても多いです。

保育園では主任保育士という制度があったり、
介護施設では主任やフロアマネージャーなど
独自にランク付けしている施設もあります。

国家資格といっても一人一人の能力は大きく
差が見られることも特徴と言えます。

そのため、他の資格を取得したり研修を
受けたりと自分から働きかけること
必要となります。

数ある国家資格の中でも、特に人と関わる
ことが多いため、利用者に喜んでもらえる
のが魅力と言えます。

昔から子どもやお年寄りが身近にいて
自然と仕事になったという人も多いです。

また、一度社会人を経験して人と関わることが
好きで転職した人もいます。

人間と関わるため大変なことも多いですが
少しの喜びを感じてやりがいとしています。

 

国家資格取得が目的ではなく、その先に
どのように働くかが大切になってきます。

また、介護の「仕事・資格」については、
こちらのサイトが詳しく解説している
ので、よかったら参考にしてみてください。
介護のお仕事.club

関連記事

  1. 外国語を必要とする資格

  2. 教育系資格

  3. 教育系資格

  4. 医療系の国家資格

    医療系資格

  5. 建築系資格

  6. 自然環境系資格

おすすめ記事

  1. 前科のある人でも取れる国家資格
  2. 資格の取り消し
  3. 免許と国家資格の違い
  4. 高齢者でも活躍できる資格
  5. 高卒でとれる国家資格

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 国家資格 前科があったら
    犯罪行為を犯して刑に服した人でも国家資格を取得しようとする人はいます。更生し、新しく仕事…
  2. 国家資格の問題を作る人
    国家資格の試験問題を作る人はどのような人なのでしょうか。年によって難易度が異なるため…
  3. 国家資格の取り消し
    国家資格は試験に合格すれば誰でももらえるものではなく、場合によってはもらえなかったり取り消さ…
  4. 免許と国家資格
    国家資格は国からに免許ではないかと思う人がいますが、免許とは異なります。例えば、…
  5. 高齢者の国家資格
    国家資格を取得して働くからには高齢になっても活躍できる資格を目指したい所です。仕事の…
ページ上部へ戻る