閉じる
  1. 高卒でとれる国家資格
  2. 前科のある人でも取れる国家資格
  3. 高齢者でも活躍できる資格
  4. 資格の取り消し
  5. 福祉系資格
  6. 免許と国家資格の違い
閉じる
閉じる
  1. 前科のある人でも取れる国家資格
  2. 試験の問題を作る人
  3. 資格の取り消し
  4. 免許と国家資格の違い
  5. 高齢者でも活躍できる資格
  6. 受験資格
  7. 資格手当
  8. 高卒でとれる国家資格
  9. 外国語を必要とする資格
  10. 教育系資格
閉じる

国家資格の種類と取得に必要なこと

目指せ国家資格保持者!な人に向けて情報をまとめていきます。

犯罪行為を犯して刑に服した人でも国家資格を取得しようとする人はいます。更生し、新しく仕事をしようとする時国家資格取得も選択肢となります。しかし、前科があっても国家資格は取得できるのかどうか気になるところです。…

国家資格の試験問題を作る人はどのような人なのでしょうか。年によって難易度が異なるため、疑問を持ったことがあります。国家資格という名前から分かるように、試験問題を作る委員会が作られます。保育士なら保育士…

国家資格は試験に合格すれば誰でももらえるものではなく、場合によってはもらえなかったり取り消されたりします。例えば、保健師や看護師の国家資格に関する法律の中に、罰金以上の刑が科せられたり不正行為、薬物中毒者は免許を与え…

国家資格は国からに免許ではないかと思う人がいますが、免許とは異なります。例えば、宅地建物取引主任者の国家資格は建物や土地の取引に関する説明や書類に記載する人です。取引はできません。そのため免許ではありません。…

国家資格を取得して働くからには高齢になっても活躍できる資格を目指したい所です。仕事の多くが体力を伴うため、60歳で定年を迎えると国家資格を活かして働くことが難しくなります。その他、弁護士や行政書士などの…

国家資格の中には、受験資格があるものがあります。例えば、医師の国家資格は医学部を修了しないと受験ができませんし、年齢制限が課せられているものもあります。受験資格のある国家資格は取得するまでに時間がかかるため、仕事で重宝するも…

国家資格を取得すると資格手当が当たる場合があります。給与が増えるために頑張って国家資格を取得しようとする人は多いかと思います。しかし、やみくもに国家資格を取得しても賃金は上昇しません。例えば、介護用品の営業を行っている…

高卒でも取得ができる国家資格があります。国家資格の多くは専門学校か大学を卒業した後に取得するため、高卒でも取れる資格は限られてきます。例えば、介護福祉士があります。訪問介護員の資格を取得し、3年の実務…

英語などの外国語が好きであるなら、外国語を必要とする国家資格を検討してはいかがでしょうか。該当するのはとても少ないです。例えば、通訳案内士の国家資格があります。日本に来る外国観光客のガイドをします。観光の他、会議における同…

専門的な知識を使って相談に応じ、アドバイスやサポートをしていく、コンサルタントに関わる国家資格があえいます。代表的なもののとして、中小企業診断士や社会保険労務士などがあります。国家資格の名前だけではどのような仕事をしている…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 国家資格 前科があったら
    犯罪行為を犯して刑に服した人でも国家資格を取得しようとする人はいます。更生し、新しく仕事…
  2. 国家資格の問題を作る人
    国家資格の試験問題を作る人はどのような人なのでしょうか。年によって難易度が異なるため…
  3. 国家資格の取り消し
    国家資格は試験に合格すれば誰でももらえるものではなく、場合によってはもらえなかったり取り消さ…
  4. 免許と国家資格
    国家資格は国からに免許ではないかと思う人がいますが、免許とは異なります。例えば、…
  5. 高齢者の国家資格
    国家資格を取得して働くからには高齢になっても活躍できる資格を目指したい所です。仕事の…
ページ上部へ戻る