閉じる
  1. 前科のある人でも取れる国家資格
  2. 高卒でとれる国家資格
  3. 資格の取り消し
  4. 福祉系資格
  5. 高齢者でも活躍できる資格
  6. 免許と国家資格の違い
閉じる
閉じる
  1. 前科のある人でも取れる国家資格
  2. 試験の問題を作る人
  3. 資格の取り消し
  4. 免許と国家資格の違い
  5. 高齢者でも活躍できる資格
  6. 受験資格
  7. 資格手当
  8. 高卒でとれる国家資格
  9. 外国語を必要とする資格
  10. 教育系資格
閉じる

国家資格の種類と取得に必要なこと

試験の問題を作る人

国家資格の問題を作る人

国家資格の試験問題
作る人はどのような人
なのでしょうか。

年によって難易度が異なるため、
疑問を持ったことがあります。

国家資格という名前から分かるように、
試験問題を作る委員会が作られます。

保育士なら保育士試験委員会
看護師なら看護師試験委員会などです。
国家資格ごとにあります。

主に局長から妥当な人物に任命書が出て
試験を作る担当になるようです。

問題を作る人は、国家資格を持っていて
経験や知識が豊富な人が多いようです。

定年を迎えている人や関係団体の役員に
も辞令が届きます。
また大学や大学院で
専門に研究している人も該当します。

立場は「みなし公務員」となり、
守秘義務が生じてきます。
つまり問題に関する
情報を外部に漏らすと逮捕されます。

問題作成者毎年変わるため
国家資格の難易度は変わってきます。
センター試験のように
得点調整はない場合が多いため
対策が難しいと言えます。

公務員という名前から、給料が出るのか
と思われますが、謝金が少し出るだけ
給料は出ません。

あくまでも一時的に任命されただけ
なので、雇われるとは違ってきます

しかし、任命されるということは
経験や知識が認められたということ
なので、うれしいと感じる人が多い
ようです。

関連記事

  1. 資格手当

  2. 受験資格

  3. 国家資格 前科があったら

    前科のある人でも取れる国家資格

  4. 高齢者の国家資格

    高齢者でも活躍できる資格

  5. 国家資格の取り消し

    資格の取り消し

  6. 免許と国家資格

    免許と国家資格の違い

おすすめ記事

  1. 前科のある人でも取れる国家資格
  2. 資格の取り消し
  3. 免許と国家資格の違い
  4. 高齢者でも活躍できる資格
  5. 高卒でとれる国家資格

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 国家資格 前科があったら
    犯罪行為を犯して刑に服した人でも国家資格を取得しようとする人はいます。更生し、新しく仕事…
  2. 国家資格の問題を作る人
    国家資格の試験問題を作る人はどのような人なのでしょうか。年によって難易度が異なるため…
  3. 国家資格の取り消し
    国家資格は試験に合格すれば誰でももらえるものではなく、場合によってはもらえなかったり取り消さ…
  4. 免許と国家資格
    国家資格は国からに免許ではないかと思う人がいますが、免許とは異なります。例えば、…
  5. 高齢者の国家資格
    国家資格を取得して働くからには高齢になっても活躍できる資格を目指したい所です。仕事の…
ページ上部へ戻る