閉じる
  1. 前科のある人でも取れる国家資格
  2. 免許と国家資格の違い
  3. 高齢者でも活躍できる資格
  4. 資格の取り消し
  5. 高卒でとれる国家資格
  6. 福祉系資格
閉じる
閉じる
  1. 前科のある人でも取れる国家資格
  2. 試験の問題を作る人
  3. 資格の取り消し
  4. 免許と国家資格の違い
  5. 高齢者でも活躍できる資格
  6. 受験資格
  7. 資格手当
  8. 高卒でとれる国家資格
  9. 外国語を必要とする資格
  10. 教育系資格
閉じる

国家資格の種類と取得に必要なこと

会計系資格

会計に関わる国家資格として
公認会計士、税理士などがあります。

公認会計士は
司法試験と同じ程度
難易度の高い国家資格です。

主に、大企業の監査を行ったり経営の
サポートを行います。企業の最も大切な
お金を扱う仕事であるため
正確さ緻密さが求められます。

企業が大きくなればなるほど、会計の
不都合ずれが出てきます。納税なども
あるため、少しのミスも許されません。

企業を存続させるためにも会計士
国家資格を持った人が必要となります。

一方、税理士の国家資格
納税税金に関わる専門家です。

会社では従業員一人一人の納税、
自由業者では確定申告など
税金の問題は起こりやすいです。

様々な問題に対して
丁寧に解決するのが
税理士の役割と言えます。

難易度は高く、私の知り合いは、
3回目の受験で合格しました。
その後東京の事務所に
所属して経験を積み、
富山で仕事をしています。

企業の会計に関わる仕事であるため
都市圏で多くの人が働いています。
中には、ある企業の専門会計士として
働いている人もいます。

地方で働いている人もいますが、
都市圏である程度経験を
積んでから転職することが
多いようです。

お金の計算得意であったり、お金の流れ
について興味のある人が
国家資格を取得しているようです。

専門性が高く、独立開業をしている人も
います。最近は資格保有者が多くなっている
こともあり、競争が激しくなっています。

企業の発展には会計も重要なので、会計系の
国家資格を持っている人は重宝される傾向
にあります。

関連記事

  1. 教育系資格

  2. 法律系資格

  3. 外国語を必要とする資格

  4. 医療系の国家資格

    医療系資格

  5. 建築系資格

  6. 自然環境系資格

おすすめ記事

  1. 前科のある人でも取れる国家資格
  2. 資格の取り消し
  3. 免許と国家資格の違い
  4. 高齢者でも活躍できる資格
  5. 高卒でとれる国家資格

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 国家資格 前科があったら
    犯罪行為を犯して刑に服した人でも国家資格を取得しようとする人はいます。更生し、新しく仕事…
  2. 国家資格の問題を作る人
    国家資格の試験問題を作る人はどのような人なのでしょうか。年によって難易度が異なるため…
  3. 国家資格の取り消し
    国家資格は試験に合格すれば誰でももらえるものではなく、場合によってはもらえなかったり取り消さ…
  4. 免許と国家資格
    国家資格は国からに免許ではないかと思う人がいますが、免許とは異なります。例えば、…
  5. 高齢者の国家資格
    国家資格を取得して働くからには高齢になっても活躍できる資格を目指したい所です。仕事の…
ページ上部へ戻る