閉じる
  1. 福祉系資格
  2. 高齢者でも活躍できる資格
  3. 免許と国家資格の違い
  4. 前科のある人でも取れる国家資格
  5. 資格の取り消し
  6. 高卒でとれる国家資格
閉じる
閉じる
  1. 前科のある人でも取れる国家資格
  2. 試験の問題を作る人
  3. 資格の取り消し
  4. 免許と国家資格の違い
  5. 高齢者でも活躍できる資格
  6. 受験資格
  7. 資格手当
  8. 高卒でとれる国家資格
  9. 外国語を必要とする資格
  10. 教育系資格
閉じる

国家資格の種類と取得に必要なこと

建築系資格

建築に関わる国家資格では、建築士や
測量士、施工管理技士などの資格が
あります。

建築では一人の専門職が作るのではなく
デザインから設計、土地の取得、実際の工事
様々な分野の職人から作られます。

建築全体に関わるのが建築士の国家資格
持った人々です。依頼主との交渉から土地の取得
まで様々です。陣頭指揮を執るのが役割と言えます。

工学部や芸術学部を卒業して国家資格を取得する
人が多いです。お客さんの要望を形にして納得
してもらえるのが魅力と言えます。

建物を施工する技術を証明する
国家資格として
試行管理技士があります。

国家試験では、機械を使うことが多く職人が
自分の能力を証明するものとして
資格を取得することが多いです。

例えば、ブルトーザーの操縦技術、油圧
シャベルの操縦技術など機械別に
試験が設けられています。

実務経験を必要としますが、仕事を受注したり
職場において能力を証明できるものとなります。

測量士は建物の高さなどを測ります。
地域では、建物を規定内の大きさに納めないと
いけない場合もあります。

このように、建築分野では様々な国家資格
持ったスタッフが活躍しています。

求められる素質として、
他職種と協力して仕事を
進めることができるということです。

工事の日程や建物の完成期日は決まっており
送れると依頼主だけでなく全体に迷惑が
かかってしまいます。

職人としての技術だけでなく、
工事全体の進行をみて
判断できることが必要となります。

関連記事

  1. 教育系資格

  2. 法律系資格

  3. 外国語を必要とする資格

  4. 教育系資格

  5. 会計系資格

  6. 免許と国家資格

    福祉系資格

おすすめ記事

  1. 前科のある人でも取れる国家資格
  2. 資格の取り消し
  3. 免許と国家資格の違い
  4. 高齢者でも活躍できる資格
  5. 高卒でとれる国家資格

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 国家資格 前科があったら
    犯罪行為を犯して刑に服した人でも国家資格を取得しようとする人はいます。更生し、新しく仕事…
  2. 国家資格の問題を作る人
    国家資格の試験問題を作る人はどのような人なのでしょうか。年によって難易度が異なるため…
  3. 国家資格の取り消し
    国家資格は試験に合格すれば誰でももらえるものではなく、場合によってはもらえなかったり取り消さ…
  4. 免許と国家資格
    国家資格は国からに免許ではないかと思う人がいますが、免許とは異なります。例えば、…
  5. 高齢者の国家資格
    国家資格を取得して働くからには高齢になっても活躍できる資格を目指したい所です。仕事の…
ページ上部へ戻る